講師と講座の紹介

テーマ1:~心とからだのデトックス~

   冨田貴史(冨貴工房代表)

冨田1

千葉県出身。京都市在住。
大阪中津にて養生のための「冨貴工房」を営み、
茜染め、鉄火味噌、黒炒り玄米、梅干黒焼、養生味噌作り、藍の栽培、市民バンク運営などを取り組みながら、全国各地で年間300本以上のワークショップを行っている。

ワークショップのテーマは暦、陰陽五行、手仕事、自家発電、ファシリテーションなど。

疎開保養のための「海旅キャンプ」主催団体「21th ship 海旅団」代表代行。
「原発事故子ども・被災者支援法」を活かす市民ネット代表。

【著書】:「わたしにつながるいのちのために」 http://amba.to/Qv5Iat など
【Blog】:http://takafumitomita.blogspot.jp/

 

<「ラジオ寺子屋」に向けてのメッセージ>

暦、養生、手仕事、非暴力コミュニケーション。
僕が提案するテーマは、それぞれ同士が深く密接に結びついています。

・言われた通りの日付や時間を何の疑問もなく使って生きること。

・病院や薬局に言われた通りの薬を飲み続けること。

・マーケットや広告に言われた通りのものを買い続けること。

・仕組まれた対立や分断の意識をそのままに暴力的な関係性の中に生きること。

こうした無責任な生き方を降りていくこと、真の意味での自立、
独立に向かうことを意図した提案をしていきたいと思います。

自分で時を計り、自分の心身を自分で養生し、生活必需品を自分の手で作り出していくこと。

これらの行為が育むものは、生命としての誇りであり、
不安や無力感や劣等感を超えていく力です。

無責任、無力感、劣等感を拭い去り、自分自身との対立、他者との対立を超えていく力を高め合っていく道を照らすような講座を、楽しみながら作っていけたらと思います。

講座の詳細授業の一覧

・・・★・・・☆・・・★・・・

世野尾 麻沙子(子宝研究所 主任研究員)

世野尾麻紗子2

1979年6月5日 東京生まれ、大阪育ち。

大学時代は南アフリカの大学に交換留学し、卒業後、某有名ブラック企業にて店長を経験。
その後、赤ちゃん事業を展開する外資系企業にてベビー業界の裏側を体験。

妊娠を期に退社。
4児を妊娠出産。

妊娠中に胎児との筆談や体の五感を通して胎児と対話する不思議体験をし、
その胎児からのメッセージを本として出版。

現在は、妊婦ならだれでも胎児とコミュニケーションできることを発見し、
胎児の世界を伝える活動を全国で展開。

同時に、自分の体や子宮と対話するメソッドを開発し、
自分の悩みを自分で解決するための『体感』のすべを伝えている。

性や女性性についての学びをナビゲートする日本各地の講師たちが一堂に会した「子宮EXPO」や、映画上映会、ミュージカル、親子向けコンサートなど様々なイベントを主催。

また、お母さん&女性を支援する『体感ファシリテーター』を全国で養成し、
自立した女性のネットワークを広げる女性起業家として活動中。

【著書】:「ママと、生まれる前からお話できたよ。」二見書房
【Blog】: http://ameblo.jp/zushi-osan

 

<「ラジオ寺子屋」に向けてのメッセージ>

セクシャリティや、お股の話は恥ずかしくてお話会に行けないという方も多いのですが、
ラジオ寺子屋だからこそ気兼ねせずおうちで楽しく聞いていただいて、実践していただける講座にしたいと思いますので、お楽しみに♡

講座の詳細授業の一覧

・・・★・・・☆・・・★・・・

山本永(気功師)

山本永

1966年、東京都港区生まれ 横須賀育ち。

車屋、水商売、土方、はたまたIT関連やフルコミの営業マンなど
あらゆる職を経験しながらアジア各国を旅してきた青年時代。

37歳の時、中国気功の大家である張永祥老師と出会い弟子となり、
ハワイにて1年間気功修練をした後『張式気功師養成学校』の講師となる。

張式気功師養成学校の唯一の講師として、これまで全国に延べ150人の気功師を卒業させている他、薬膳料理や音楽など、あらゆるジャンルに精通する『元気の専門家』。
10年前に、若くして亡くなった姉の子を1歳から育てることになり(現在10歳)、
育児生活のかたわら、世の中を元気にするため気功師養成に励んでいる。
男性でありながら 母親としての立場にどっぷり身を置き、シングルマザーさながらの少々特殊な人生を生きながら、子育ての素晴らしさを深くかみしめる日々を送っている。

 

<「ラジオ寺子屋」に向けてのメッセージ>

人の理屈や学問での知識ではなく、実践・体験から得て気づく自分にとっての本物の知恵を皆さんに伝えたい。現代社会を楽に豊かに元気に生きていく知恵をご一緒に学びましょう。

講座の詳細授業の一覧

・・・★・・・☆・・・★・・・

天野朋子(「懐かしい未来食」研究家)

天野朋子2

大学卒業後、マーケティングプランナーとして長年広告業界で働いた後、
「いのちの本質」に目覚め、人生観が180度転換。

2003年に渡米、マサチューセッツ州ベケットのKushi Instituteにて
マクロビオティック、東洋医学、東洋哲学を学ぶ。

2004年に帰国後、東京にWhole Foods Studioを設立。

マクロビオティック、陰陽五行をベースとした料理教室をスタート。

その後、TAO塾(熊本・阿蘇)代表 波多野毅氏との出会いをきっかけに
「Native Foods~懐かしい未来食(伝統の食の叡智を現代の食卓に美味しくクリエイティブに活かす)」のコンセプトを構築し、料理教室以外にも活動の幅を広げるようになる。

2011年に熊本市にNative Foods設立。

以後、TAO塾とコラボレーションしながら東京、鎌倉、熊本を拠点として上記のコンセプトを軸に据えた料理教室、講演、セミナーなどで幅広く活動中。

母校Kushi Instituteの日本校(東京・山梨)、ヨーロッパ校でも講師を勤める。

また、<トランジション・タウン鎌倉>などの市民活動にも参加し「伝統食」が持続可能な社会の実現へ大きく貢献する可能性を探求中。

現在、鎌倉と熊本に拠点の中心を置き、発酵食品づくりのワークショップ、豆・雑穀・乾物などの日本の伝統食品を使った料理教室、講演、食育活動を定期的に開催。

熊本では波多野毅氏と共に、県の依頼を受けて地域住民の方々の健康増進の為の食育・啓蒙活動(講演、セミナー、料理教室等)も行う。

2013年からは、TAO塾講師としてシンガポール、マレーシアのTAO塾料理教室・講演にも携わっている。

【著書】:『ニュー・ベーシック・マクロビオティック』(日貿出版)
   『玄米・豆・野菜・海草を食べる』(日貿出版)
   『Whole Foods Studioのセルフ・ヒーリング・クッキング』(学陽書房)


<「ラジオ寺子屋」に向けてのメッセージ>

” YOU ARE WHAT YOU EAT”  ー「わたしたちは、自分が食べたもので生きています。」

この言葉は、血液や細胞といった目に見えるもの、心や精神状態といった目に見えないものすべてを含みます。

「食べること」は人生最大の楽しみのひとつでもあり、最も基本的な生命維持活動であり、大いなる自然界のいのちの循環の一部でもあります。

この講座では、様々な角度から「食」を見つめます。

皆さんの「食べる楽しみ」がより充実したものになるように、皆さんのからだ・こころが「食べること」を通じてよりすこやかなものになるように、そして皆さんが「食」を通じてより深く、しっかりと母なる自然と繋がれるように、そんなお手伝いが出来れば幸せです。

「食」というテーマは、このラジオ寺子屋の講師の皆さんが担当されるすべての分野と深く関わっていると思います。「食」こそ、まさにローカリゼーションの先端分野!!

というわけで、他の講師の皆さんや、各地域の寺子屋の皆さんと大いにコラボレーションしながら、「美味しく・楽しい」講座にしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします!

Eat well, Feel well, Live well!

講座の詳細授業の一覧

・・・★・・・☆・・・★・・・

ミワチハル(旅するYOGAセラピスト)

チハル

全てはビックリするほどシンプルだった…と気付いた時から、
心身の芯が、この上なく静かに、そして躍動的に・・・。

2001 年のYOGAとの出会いから、タイ古式マッサージ、瞑想、仏教、タオ、アーユルヴェーダなどと関心(修行)が広がるうちに『魂としての生き方』に気付いてゆき、
現在はさらなる修練、仕事、そして旅がオールインワンになった夢のライフスタイルを実現。

その様子をインド、タイ、ネパール、カナダ、ドイツなど世界各地からメッセージ性のあるブログで発信している。

日本の拠点は沖縄・宮古島。

楽しいと思う方へ進むので、やってることはみんな好き。

人生が趣味。

<略歴>

日本では木村慧心のもとで3年間の『ヨーガ療法士養成課程』を修め、その後学びの場をインドへ。Anma, Sri Sri Ravi Shankar, Swami Rama などのスピリチュアルリーダーのアシュラムに滞在し影響を受ける。

2011年、タイマッサージ暦7年目にして、スピリチュアルプラクティスとしてのタイマッサージに開眼し、以降、毎年インド・タイを往復し、Asokananda, Itzhak Helman, David Lutt, Pichet, 黒田芳樹の影響を受けつつ修行に励む。マッサージを通じての体感により、YOGA・禅・瞑想の理解が変わってくる。

これまでの探求と気づきをもとに、現在は「タイマッサージ」という枠を超えた『古代ヒーリングマッサージ』という世界観を展開。

近年はバリやタイの山村で行われるタイマッサージリトリートにおいて、欧米人向けに瞑想・YOGAを指導。インドではアーユルヴェーダの治療を心の面でもサポートするツアーを主催。日本ではYOGAと瞑想、古代ヒーリングマッサージを組み合わせた10日間の『気づきのリトリート』や単発のワークショップなどを開催。

2015年は、日本各地へのツアーを予定している。

【HP】 宮古島 アジアンヒーリング Shanti:http://www2.miyako-ma.jp/shanti/
【Blog】Mellow mood:http://yaplog.jp/mellowmood/
【You Tube】Ancient Thai Healing Massage with CHIHARU:https://www.youtube.com/watch?v=9zo9rhVjx6w

 

<「ラジオ寺子屋」に向けてのメッセージ>

みなさん、こんにちは。

幸せですか?

私は、幸せです。(笑)

でも、そんな風に思えない時期もありました。

色々と気付きを重ねながら、今のワクワクした、自分にピッタリの生き方へと移り変わっていったのです。

本講座では「たましい」を意識したYOGA という生き方/気づき方や、お釈迦様の教えなどをベースに、私自身がこれまで共鳴し、実践し、今感じている幸福感につながっていると感じるものの捉え方と具体的な練習の仕方を、日々の暮らしの中で実践できるよう分かり易くお伝えしたいと思います。

ちょっとした発想の転換を通して、より幸福感を感じる生き方にシフトしたいと願う方々へのガイドになれたら幸いです。

どうぞヨロシク☆

講座の詳細授業の一覧

・・・★・・・☆・・・★・・・

テーマ2:~心の薬箱~

松木正(カウンセラー)

松木1

京都府伏見生まれ。

大学在学中、キャンプカウンセラーとして小学生・中学生を対象とした教育キャンプに携わる。

また在学中に、自分自身のうつ病を克服していく過程でカウンセラーと出会い、
教育の現場にカウンセリングの手法を用いることの可能性を探り始める。

卒業後、大阪YMCA六甲研修センターに奉職。

「体験学習法」を用いた企業研修や、幼稚園児から大学生までを対象にカウンセリングの手法を用いた野外教育(キャンプ)を実践。

YMCA在職中にアメリカの環境教育に出会い、本物を目指して渡米。

全米各地で環境教育のインストラクターをする中で、アメリカ先住民の自然観・宇宙観・生き方、またそれらをささえる儀式や神話に強く惹かれ、サウスダコタ州シャイアン居留区に移り住み、スー・インディアン(ラコタ族)の子どもたちの教育とコミュニティ活動に携わりながらネイティブアメリカンたちの伝統を学ぶ。

彼らたちと築いて来た関係は四半世紀に及び、ラコタ族の伝統儀式を執り行うことを許された数少ない日本人の一人。

現在、神戸で 『マザーアース・エデュケーション』 を主宰し、
“自分をとりまく様々な生命(いのち)との関係教育 = 環境教育”をテーマとして、独自の環境教育プログラムを展開。

【HP】マザーアースエデュケーション:http://www.mee-cante.com/index.html

小学校・中学校・高校での人間関係トレーニング、保護者に向けてのワークショップ・子育て講座、アメリカ先住民の知恵を前面に打ち出したキャンプの企画と指導、神話の語り(ストーリーテリング)など、 教育的意図をもった講座などを企画しながら、
自宅横にワークショップ棟(ストロングホールド)を構え、個人カウンセリングと独自のワークショップを展開中。

大阪府立松原高等学校 学校協議会委員
大阪府立北摂高等学校 学校協議会委員
大阪府泉南市教育委員会「学びの場づくり」プロジェクト座長
大阪府立学校人権教育研究会スーパーバイザー
聖マーガレット生涯教育研究所(SMILE)環境共育アドバイザー  etc…

[著書] :『あるがままの自分を生きていく ~インディアンの教え~』
                  『自分を信じて生きる ~インディアンの方法~』


<「ラジオ寺子屋」に向けてのメッセージ>

四半世紀にわたって行ってきた様々なプログラムを通して、
参加者自身が『自ら学ぶ場(=主体的に学ぶ場)』を提供してきました。

そこでは、いまここで起こっている事や、人から何か情報を得たときそのことは自分にとって何なのか?自分はその出来事にどう関わったらいいのか・・・? という視点を軸に、
「自分をとりまく世界」と「自分」を関係づけて学んでゆく『学び方』(体験学習法)を発展させてきました。

今回、この寺子屋の企画に取り組んでいくにあたって大切にしてゆきたいのは、
皆さんに「知識」を注入してゆくだけでなく、出来るだけ多くの『問いの種』を投げかけながら、お一人お一人が自分の内に問いかけ、自らの「こたえ」をみつけ出してゆく機会を一緒につくってゆきたい、ということです。

私が主宰する『マザーアース・エデュケーション』は、大阪府下だけでも現在40校から50校の、小・中・高校の現場に入り、<人間関係トレーニングのプログラム>を展開しています。

それぞれの現場・プログラムの中でファシリテーターたちは、子供達に「関わり合うアクティビティー」を提供しますが、そこでは、体験の振り返りの中で「それぞれの場面で、自分の内側にはどんな感情や感覚が動いていたのか?」「それによって自分は、どんなレスポンス(反応、行動)をとってきたのか?」「その反応を引き起こしているビリーフ(信念や思い込みや価値観)は何なのか?」と問いかけてゆきます。

また、自然と深く関わるプログラムや、サバイバル体験のプログラムの中では、「あなたがいま、まさに体感しているその“生命ある存在”は、あなたに何と言ってますか?」「あなたは今それに(自然に/あるがままに)どのように反応していますか?」と問いかけてゆきます。

このラジオ講座の中でも、そうした問いをたくさん皆さんに投げかけてゆきたいと思います。

私はインディアンの『神話の語り』や、ラコタ族の伝統儀式である『スエットロッジ』や『ビジョンクエスト』のセレモニーリーダーでもあります。

そうしたセレモニーでは、『大いなる存在』(=being)があなたに様々なプロセスを通して働きかけてきます。

例えば、時にはあなたに体を動かせて、ある動作をカタチづくらせるよう促します。

またある時は、あなたに何らかの声を出させたり、ビジョンを見せたり、詩(うた)を生み出させたりすることもあります。

自分が「あるカタチに成ろうとする」その傾向やエネルギーは、あなたへの投げかけをもたらし、それによってふと、『答え』のようなものが浮上してきます。そこでは日常の時間の流れとは少し違った次元の「学び」が起きます。

講座を通して、あなたが存在している事、あるがままのあなたでOKであること、すべてのものが様々な次元でつながっていること、そしてあなたが存在していることの本質(エッセンス)に回帰していくことなどを、心理学的な話、人間関係論に基づく話、神話の語りなどを通してみなさんに投げかけてゆきたいと思います。

講座の詳細授業の一覧

・・・★・・・☆・・・★・・・

HARUMIプロフ

山際春海 (マリアフローラ ヒーリングラボ代表)

1981年2月22日 東京生まれ。

幼少の頃よりスピリチュアルな感性があり、早稲田大学在学中よりスピリチュアルセラピー、
ヒーリングと医療や教育分野の融合について探求を開始すると共に、本格的にセラピストを目指す。

2002年頃より、少しずつクチコミでヒーリングとカウンセリングの活動を開始。
また、その頃より本格的に「心と身体と魂の癒し(ホリスティック・ヒーリング)」を目指して、心理学や様々なヒーリング手法やセラピー、ハーブやアロマセラピー、フラワーエッセンスなどの植物療法の研究と実践を行う。
2008年からは、自分の病気の体験を機に、アロマセラピートリートメントやLomiLomi(ロミロミ:ハワイのヒーリング・マッサージ)を通じて「心と身体の繋がり」についても探求をはじめる。

その中で、多くの方達にとって病気や肉体的トラブルの根本原因にあるものは「心やスピリリチュアルレベルのケア」であることを再確認し、催眠療法や心理療法、西洋占星術や数秘学、NLPやコーチング等を学びながら、メンタル・ケアのトレーニングと実戦を積む。

2012年より、鎌倉市にて海辺のサロンをスタートし、Mariaflora Healing Labとして活動をはじめる。

・・・

これまで、10代後半~60代の様々なお悩みを持つ方たちに、セラピーやカウンセリングを通じて癒しの活動を行ってきました。
そして、現在は、これまで培ってきた多種多様なヒーリング・ワークを通じて、ご相談内容やお客様の心身の状態に応じた問題や悩みの解決に最適なヒーリングセラピーをオリジナルデザインする独自のスタイルで癒しの活動を続けています。

これから近い未来に、このセラピーやヒーリングという業界が次世代の医療にとって替わる一つの大切な分野として確立されるように、また教育現場においても子どもたちの美しい未来を導く一助となるように、一過性の流行ではなく真のスピリチュアリズムと融合し現実社会に根ざし存続していくための橋渡し役として、2015年以降は、セラピストやヒーラー、コーチなどのような『人を癒し・育む』ことを仕事にする方達のバックアップや育成や「経営セラピスト」としてビジネスコンサルティングに力を注ぎ、現実社会とスピリチュアリズムの融合を目指す活動を広げたいと考えています。
・英国IFA認定アロマセラピスト

Diploma:Neal’s Yard Remedies,
School of Natural Medicines,IFA Professional
Aromatherapy Training Course

・フラワーエッセンス療法家
・ヒプノセラピスト 催眠療法士
・ビジネス&サイコロジカル&メディカル占星学、数秘学研究

【HP】マリアフローラ ヒーリング ラボ:http://www.mariaflora-healing-lab.com/

 

<「ラジオ寺子屋」に向けてのメッセージ>

ラジオ寺子屋では、セラピストとして体験してきた様々な気づきとともに、
どうしたら「本来の自分」に出会い、自分の心の声に従う生き方ができるのだろう・・各回ごとに、地に足の着いたスピリチュアリズムの智慧と催眠療法を使ったヒーリングワークをお届けしながら、
ほんとうの幸せと豊かさに溢れる生き方を皆さんと目指したいと思っています。

講座の詳細授業の一覧

・・・★・・・☆・・・★・・・

Megumi(ライフコア セラピスト)

megumiプロフ

私の原風景は水中です。
川の流れや魚の動きを観ているのが大好きな子どもでした。

身体を動かすのも、身体を動かしている人を観るのも大好きで、
大学はスポーツ科学科、卒業後はスポーツ関係の仕事に携わりました。

身体を壊したのをきっかけに始めたヨガがいつの間にか仕事になり、身体の仕組みや使い方について学んだ後、
今は自分の内面に意識を向けていくことを大切にしているクリパルヨガとフェニックス・ライジング・ヨガセラピーに師事しています。

また、ヨガを教える過程で身体感覚や感情を言葉で表現することの難しさや、言葉にして伝えることの大切さを体験し、コーアクティブ・コーチングを学びました。

世界中のトップアスリートと仕事をするなかで、ひとつのことを極める『職人』に強い憧れを抱きましたが、
私はどうやら職人タイプではないようで、ヨガもコーチングも日常生活を豊かにするためのツールとしての使い方をお伝えしています。

自分でプロジェクトを立ち上げるよりも、人が思いをかたちにするのをみとどけることに喜びを感じます。

かなり左脳派でもあり、スピリチュアルなことを自分の体験を通して論理的に現実的に語ることが好きです。

闇と光、現実と理想、物質世界とスピリチュアルな世界、、、とかくどちらか一方に寄りがちですが、
対極の調和(Duality)がセッションのコンセプトとなっています。

 

【HP】ライフコアセラピー:  www.lifecoretherapy.com

 

<「ラジオ寺子屋」に向けてのメッセージ>

ヨガというと、身体の柔らかい人がすごいポーズをしているところをイメージする方が多いのではないでしょうか。

通常のヨガのレッスンはスタジオやDVDによるものが主流なので、どうしても視覚に頼りがちになります。

ラジオ講座ではその視覚を使わないため、より自分の感覚に集中しやすくなるのではないでしょうか。

ヨガの正しいポーズをとれるようになることが目的ではありませんが、それでも
「あれ、これであってるのかな?」と思う場面が出てくるかもしれません。
でも、それを視覚で確認のしようがないところがかえって面白いと思っています。
正しくできているかどうかではなく、その瞬間に感じていることにフォーカスしやすいからです。

とはいえ、必要に応じて疑問は解消した方がよいので、インタラクティブな寺子屋は便利ですよね。
みなさんの声をききながら、いっしょにプログラムを進化させていきたいと思っています。

また、「こころの薬箱」だけでも講師が3名いて、異なる切り口からどんな相乗効果が生まれるのかも楽しみです。
それに食や暦、パーマカルチャーといった分野も加わり、私自身も新たな世界が開けそうでわくわくしています。

この寺子屋から新しい出会い、つながりが生まれ、循環していきますように。

講座の詳細授業の一覧

・・・★・・・☆・・・★・・・

テーマ3:~暮らしの中から社会を見直す~

冨田貴史(冨貴工房代表)

冨田1

~プロフィール・メッセージ上記~

講座の詳細授業の一覧

・・・★・・・☆・・・★・・・

はらみづほ(エコライフ研究家)   

みづほプロフ

新卒入社で10年勤めた大手広告代理店のコピーライターを失恋を機にやめ、バックパックを背に、幼いころから夢だった世界旅行へ。南極を含む 6大陸60カ国を6年間ひとり旅しつつ、雑誌やラジオ番組で世界各地の様子を生レポート。

この旅を通して、物がないぶん「創意工夫」と「共生力」で生きる世界各地の人々の暮らしや、多様な大自然のダイナミズム、殺し合いが続く戦地の惨劇…などを体感。視野と意識がグローバル化し、「エコライフとコミュニケーションの促進」がライフワークに。

帰国後は「日常生活こそ世界を動かす現場」と心得、物や資源の使い捨て習慣を一新する。

「消費」をやめ「愛用」に基づく“笑エネ生活”を楽しむうちに、生活費は半減し、ここ2年間の電気代は月200円台。

「すでにあるものを楽しく活かすくらし」を日々研究 & 開発しつつ、その手法と意味を、講演・各種ワークショップ・文筆などで伝達中。

【著書】:『できた!電気代600円生活」(北海道新聞社刊)』http://shop.hokkaido-np.co.jp/book/products/detail.php?product_id=445

:『しあわせをよぶ・冬エコおみくじかるた(北海道環境財団刊)』http://heco-spc.or.jp/temp/carta/carta.html

【HP】:旅するはらっぱ http://www.milmil.cc/user/tabibito/

【Blog】:日々旅日記 http://blog.goo.ne.jp/tabisuruharappa

【記事掲載中のWebマガジン】:
ほしい未来はつくろう。「グリーンズ」:http://greenz.jp/2013/08/28/haramizuho/

【私の暮らしぶり紹介記事】:http://greenz.jp/author/HaraMizuho/

【運営中のWebマガジン】:
はじめよう、森とひびき合うくらし♪「もりびこ」http://moribico.jp/

 

<「ラジオ寺子屋」に向けてのメッセージ>

希望に満ちた未来づくりの試みであるこのプロジェクトに、

同志!と思える方々とともに参加させていただけることをとてもうれしく光栄に思い、感謝しています。

私が担当する講座では、私たちの心身や日々の生活の中に潜む、膨大で多種多様な「埋蔵エネルギー」についてお知らせし、それらを発掘・活用するための知恵・ワザ・ヒントをお伝えしたいと思っています。

日本各地の寺子屋を拠点に、時おり開催する『公開ワークショップ』も交えながら、たくさんの方々と出会えることを楽しみにしています。

講座の詳細授業の一覧

・・・★・・・☆・・・★・・・

テーマ4:~共感(非暴力)コミュニケーション(NVC)~

ソーヤー海(共生革命家)

海

1983年、東京生まれ、新潟、ハワイ、大阪育ち。

9/11直後からカリフォルニア大学サンタクルーズ校で反戦運動に励み、有機農業や持続可能な生き方について勉強と実践に没頭する 。同大学で持続可能な社会をテーマとしたプログラムを運営しながら、大学の在り方を変える活動を学生と繰り広げる。

2007年にコスタリカのジャングルに移住し、パーマカルチャーの実践を始める。

その後、ニカラグアやキューバでパーマカルチャーの知識を深めて、米国のブロックス・パーマカルチャー・ホームステッドで二年間研修生生活を送り、パーマカルチャーを軸とした暮らしを生きるようになる。

3.11を機に、日本へ帰国して東京で平和活動をする事を決める。

「共生」に関わる活動しながら、東京大学大学院新領域創成科学研究科サステイナビリティ学教育プログラムへ参加し、現在「東京アーバンパーマカルチャー」を主宰。

活動の軸は、パーマカルチャー、非暴力(共感)コミュニケーション、禅(マインドフルネス)と若者中心の社会運動。日本各地でワークショップなどを通じて精力的に平和活動を拡げている。

夢は全ての人と命が大事にされて活かされる社会を育てる事。

【HP】:東京アーバンパーマカルチャー  http://tokyourbanpermaculture.blogspot.jp

<「ラジオ寺子屋」に向けてのメッセージ>

ラジオ寺子屋という新たな冒険を通して、みなさんの学びと幸せに貢献したいと強く思っています。僕の人生を大きく変えた二つの道を共に歩みたいです。

パーマカルチャーとNVCと出会って、僕は自分を愛して、他者を愛して、地球を深く愛することができるようになりました。

その感覚、その世界を分かち合いながら、全ての人、そして全ての生命が大事にされる世界を一緒に創造していきたいです。

ラジオ寺子屋で会いましょう!

 

講座の詳細授業の一覧

・・・★・・・☆・・・★・・・

テーマ5:~暮らしに活かすパーマカルチャー~

ソーヤー海(共生革命家)

cfea71f6-fb57-4913-89af-c94d33eb79b1

~プロフィール・メッセージ上記参照~

講座の詳細授業の一覧

・・・★・・・☆・・・★・・・

テーマ6:~未来の学校づくり~

テーマ7:~トランジションタウンという繋がり方~

インタビュー担当:『ラジオ寺子屋』主宰・『旅をする種♪』パーソナリティ

☆LiLi☆

LiLiと木

鎌倉長谷の自然療法サロンオーナー。
都内中学、高等学校の英語教員を経て 音楽活動を開始。
2005~2006年、不思議なご縁を頂いてハワイ島・カウアイ島に住む。

帰国後、自然療法サロン’ano’anoを立ち上げ、ハワイの伝統療法LomiLomiを中心に
様々な手法を取り入れたオリジナルなボディーワーク・カウンセリングなどをおこなう。

[HP] ‘ano’ano: http://anoano.jp

2011年の東日本大震災が 人生『第3の転機』となり、
インターネットラジオ番組『旅をする種♪』を立ち上げ、私たちひとりひとりが自分の本当の願いとつながり、
望む幸せ・望む生き方を手に入れるためのヒントをひもとく旅に出る。

真心を込めて与えあうことで、必要なものが豊かに巡る『感謝の循環』の中で4年間旅を続け、
その『ご縁(恩)返し』にと思いついた『ラジオ寺子屋』プロジェクトに情熱を注いでいる。

また、ソプラノサックス奏者として国内外で様々なミュージシャンたちと演奏活動を行いながら、
『音というメディスン』を追究することをライフワークとしている。

 [HP] 『旅をする種♪』: http://tabitane.jimdo.com

<「ラジオ寺子屋」に向けてのメッセージ>

9年間のセラピスト業と、4年にわたる日本各地への旅を通して、
本当にたくさんの出会いと、学びと、インスピレーションを頂いてまいりました。

ハードな体験も少なからずありましたが、2011年3月以降、
私の人生はどんどん豊かな喜びに満ちてきて、
今は『夢と希望しかない』と言っても過言ではありません。

いつも『地球の調和を願う気持ちに全力投球』で生きてきた自分が、
感動と、笑いと、友愛と、尊敬と、驚きと、感謝を頂いた、かけがえのない仲間たちをまきこんで
お届けするラジオ寺子屋プロジェクトに、さらにたくさんの方々が楽しくまきこまれて下さることを
心より楽しみにしています!!!

ALOHAを込めて
LiLi

・・・★・・・☆・・・★・・・

テーマ6:~未来の学校づくり~

全国のオルタナティブスクールスタッフの皆さんへのインタビュー

この『ラジオ寺子屋』プロジェクトのもうひとつの目的として、
大人たちの心と思考、価値観の解放を通じて、子どもたちにとっても「新しい学びの場(機会)」がもっと自由に選べる世の中が準備されてゆきますように、という願いが込められています。

日本各地で、すでにそのような場を運営&実践していらっしゃる現場の皆さんの声をご紹介しながら、未来に望む教育のカタチのイメージを膨らませたり、これからの課題について一緒に語りあったりしてゆきたいと思います。

授業の一覧

・・・★・・・☆・・・★・・・

テーマ7:~トランジションタウンという繋がり方~

全国のトランジションタウンの皆さんへのインタビュー

『トランジションタウン』というコミュニティ活動をご存知ですか?

イギリスで始まり世界各地に広がった『持続可能な社会への“移行=トランジション”』を目指すこの活動拠点は、日本だけでも既に50ヶ所近くあります。

菜園や田んぼづくり
地元の資源を使ってエネルギーを創りだすこと
地域通貨を使い、絆を育みながら地域経済を豊かにすること
お年寄りから昔の知恵を学ぶこと etc…

このコミュニティ活動のテーマは、生活のあらゆる局面にわたり、
メンバーの創意工夫のもとに地域の人とつながりながら、同時に世界中のトランジションの仲間ともつながりながら、持続可能な社会に向かって様々な取り組みを『楽しく』行っています。

『ラジオ寺子屋』の講座では、10人の講師の方々が様々な切り口で
『自分とのつながり』を回復し、『世界とより幸せな関わりを育んでゆく』方法をナビゲートしてくださいます。

ひとりひとりの中に育つ、そんな『新しいチカラ』を『楽しく活かし』て、
身近にいる大切な人たちとの日々の暮らしをより豊かにしてゆくための工夫を
あなたの生活の中にも取り入れてみましょう!

授業の一覧